トップページ > 法定相続

at hoteisozoku0002.png

 

相続人と法定相続について

相続人とは

相続人とは、被相続人(=相続される人)が亡くなったときに、被相続人の財産を承継する権利がある人をいいます。この権利は、民法で定められています。

法定相続とは

法定相続とは、被相続人が遺言書を作成することなく亡くなった場合、民法により定められた各相続人が承継しうる相続分をいいます。

民法上は、各相続人の法定相続分が決められているのですが、被相続人が遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続分を指定することが可能となります。

また、遺言書がない場合であっても遺産分割協議により相続人間で話し合うことで相続分を自由に決めることも可能です。

もっとも、法定相続分は、各相続人が被相続人から承継しうる相続財産の割合ですから、法定相続分を知ることは、各相続人がどの程度の割合の財産を取得できるのかを知るひとつの目安となります。そのため、遺言書が被相続人の自由意志を反映させるものと言っても、後々紛争が生じないようにするには、作成する時にまず参考にされるべきものが法定相続分なのです。

また、遺言書を作成することで、被相続人は財産を誰にいくら受け取らせるのかを、自由に決めることができますが、相続人本来の法定相続分を侵害するという場合(相続人の遺留分を侵害する場合)には、紛争トラブルに発展してしまう場合がありますので、遺言書を作成する場合にはこの点に配慮する必要があります。

相続の順序や割合について

では、相続の順序や割合はどのように決められているのでしょうか?
民法では相続人の順位または割合を次のとおり定めています。


1. 配偶者と子が相続人であるときは、配偶者と子の相続分は各2分の1となります。
2. 配偶者と直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は3分の2、直系尊属の相続分は3分の1となります。
3. 配偶者と兄弟姉妹が相続人となるときは、配偶者の相続分は4分の3、兄弟姉妹の相続分は4分の1となります。
4. 配偶者は常に相続人となります。また、子、直系尊属、兄弟姉妹が複数いるときは、各自の相続分は人数を頭割りで等分に分けます。ただし、嫡出でない子の相続分は嫡出である子どもの相続分の2分の1、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>