トップページ > 相続財産

at sozokuzaisan0013.png

 

相続財産(相続できる財産)

相続財産の種類

相続財産には資産(プラスとなる財産)も負債(マイナスとなる財産)含まれます。また、相続財産にならない物も存在します。

相続財産は全て把握しているという声を多く伺いますが、実際に調べてみると把握していない財産がでてきたという場合が多々あります。特に借金に関しては、人にあまり言いたく無いものですので、認識されていなかったという場合が多く、最近は特に増えています。

相続財産の代表的なもの

◇資産(プラスとなる財産)例
・金融資産・・・現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・貸付金・売掛金・手形等の債権
・不動産(土地・建物)・・・宅地・居宅・農地・店舗・貸地などの所有権
・不動産上の権利・・・借地権・地上権・定期借地権など
・動産・・・車・家財・骨董品・宝石・貴金属など
・特許権、商標権、意匠権、著作権などの無体財産権
・その他・・・株式・ゴルフ会員権・著作権・特許権

◇負債(マイナスとなる財産)例
・借金・・・借入金・買掛金・手形債務・振出小切手など
・公租公課・・・未払の所得税・住民税・固定資産税
・保証債務
・その他・・・未払費用・未払利息・未払の医療費など

◇遺産に該当しない代表的な例
・身元保証など保証額に期間や制限のない保証債務
・生活保護受給権
・扶養請求権
・受取人指定のある生命保険金。但し、みなし財産として相続税が課税される可能性があります。
・墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具、香典など祭祀に関するもの

などがあります。

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>