トップページ > 減殺請求

at gensai0001.png

 

遺留分減殺請求をするには

遺留分減殺請求の方法

遺留分の減殺請求の方法は、遺留分を侵害している人に対して、減殺請求権を行使するとの意思表示をすることで足り、必ずしも裁判を起こす必要はありません。後日、減殺請求権を行使したことを証拠として残すためには、内容証明郵便として送付しておくことが必要となります。

もっとも、遺留分減殺請求をしたものの、遺留分を侵害者が財産の返還等に応じない場合は、調停や訴訟を提起して解決を図ることになります。

遺留分の減殺請求権の行使は相続開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから1年以内にしなければなりません。

また、相続開始のときより、10年で消滅します。

この点は注意しなければなりません。

遺留分については算定や行使方法などにつき、困難なことも多く、専門家である弁護士に相談することをお勧めいたします。

 

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>