トップページ > 相続に関するスタンス

ご挨拶

京都の相続相談所を運営しております弁護士の橋本有恒といいます。

相続問題は、人の生命に限りがある以上、必ず出てくるものですが、相続人にとっては、どのように対応してよいのかわからないことが多くあります。しかも準備もままならないまま、いきなり相続が開始することも多く、どのようなことから始めればよいのかわからないと途方にくれてしまうかもしれません。

そして、いざ相続人間で話し合いを始めると、利害が対立してしまい、さらには親族間という感情も絡んでくるため、収拾がつかなくなってしまうこともよくあります。その結果、相続問題の解決の糸口すら見当たらなくなることもまれではありません。

話し合いでは解決が困難であるとか、親の生前に面倒を見てきたがそのことは相続分に反映されないのか、長女は親の生前にかなり援助をしてもらっているがそのことは相続分に影響しないのか、他の相続人から分配案を示されたが妥当な内容であるのか、遺言がでてきたが本人の筆跡ではないと思われるがどうしたらいいのかなど、相続に関しては実に様々な問題が出てきます。

このように問題がこじれてしまうと当事者間で解決することはほとんど不可能となってしまいますので、専門家の力が必要となってきます。そして、専門家に相談すると意外と簡単に片付いたりすることもあります。

そのため、法律の専門家である弁護士がお役に立てることは多いと思われます。そこで、当事務所では、相続問題でお困りの方に対して、少しでもお役に立てればと思い、この相談所を立ち上げました。

相続問題については、一人で抱え込まずに弁護士に相談することをお勧めします。相談するだけで解決の方向性が見えることもあります。

初回相談は無料ですので、当事務所へお気軽にご相談下さい。

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>