トップページ > 相続放棄

at sozokuhouki0012.png

 

相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったときから、3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立をしなければいけません。

相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。

その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。

条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄ができる場合があります

通常、被相続人が亡くなってから3ヶ月を過ぎてしまったため、相続放棄ができないと考えてしまいがちですが、条件が揃えば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる場合があります。

相続放棄は相続が生じて(被相続人が亡くなられて)から、3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば、「被相続人が亡くなり、自分が相続人であることも知っていたが、被相続人(父親など)に借金があることを知らなかったから相続放棄はしなかった。」というケースの場合、最高裁判所(昭和59年4月27日判決)は、概要、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、相続人においてそのように信ずるについて相当な理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識したときから、又は通常これを認識しうべき時から起算されるとして、相続人の死亡から3ヶ月が経過した後の相続放棄を認めました。

要するに、3ヶ月を過ぎても相続放棄を認められる場合があるということです。

なお、相続放棄を申請して、通らなかったとしても法律で罰せられるわけではありませんので、3ヶ月を過ぎたからといって相続放棄を諦める必要はなく、前記判例からも相続放棄が可能である場合もありますから、一度、専門家にご相談することをお勧めします。 

 

>>>その他の相続放棄に関する記事はこちら

・相続放棄と限定承認

・相続放棄の流れ

・弁護士費用

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>