トップページ > 【遺言】のQ&A

【遺言】のQ&A

相続人の死亡後に、自筆の遺言書を見つけましたが、検認手続をせずに、開封してしまいました。遺言書の効力はどうなりますか?

 

遺言書の効力には影響はありませんが、封がされている遺言書は家庭裁判所における検認手続で開封しなければならず、勝手に開封した場合は5万円以下の過料に処せられます。

Q1相続人の死亡後に、自筆の遺言書を見つけましたが、検認手続をせずに、開封してしまいました。遺言書の効力はどうなりますか?

 

Q2複数の遺言が見つかりました。それぞれの遺言の効力はどうなりますか?

 

Q3亡くなった夫の愛人にすべて贈与すると言う遺言書が見つかったのですが、遺言書の通りにするしかないのでしょうか?


Q4被相続人の遺言の内容について、相続人全員が納得できない状況です。遺言書と異なる相続割合とする内容の遺産分割協議をすることはできるのでしょうか?


Q5被相続人の死亡後に自筆の遺言書が見つかりましたが、内容や文字を見たところ、被相続人が作成したとは思えません。どうすればよいのでしょうか?


Q6被相続人の死亡後に遺言書が見つかりました。しかし、作成日付を見ると、被相続人はその時にはすでに認知症がかなり進んでいたため、その内容を理解して遺言書を作成したとは思えません。このような遺言書の効力を争うことはできますか?


Q7私には、内縁の妻がおります。相続人としては子供が2人おりますが、今内縁の妻と同居しているマンションくらいは内縁の妻に残したいと思っております。どのような遺言を書けばよいでしょうか。


Q8私は介護が必要であり、よく世話をしてくれている息子に可能な限り財産をあげたいのですが、そのようなことは可能ですか?またどのように対策をすればよいでしょうか?


Q9父が亡くなり、遺言書が見つかりました。その内容は到底納得のできない不本意なものでした。遺言書の効力はどこまであるのですか?


Q10父が亡くなりましたが、遺言書らしきものは見つかりませんでした。その場合は相続人の間で平等に分けなければならないのですか?

 

 

相続・遺言に関することならどんなことでもご相談ください。アーツ綜合法律事務所 (京都市中京区烏丸通 電話番号: 075-223-6111 )初回相談無料です。どんな些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。スケジュールの関係上、お電話でのご相談は承っておりません。ご了承頂けたら幸いでございます。

相続に関する無料相談を受け付けております。詳細はこちらから>>>